Activities

第100回 JAEF研修会 実施結果


 

項  目
内      容
研修内容 第100回JAEF研修会
日時 2015年11月2日(月)10:00~13:00(東京モーターショー自由見学20:00まで)
場所 有明ワシントンホテル及び 第44回東京モーターショー(東京ビッグサイト)
参加者 教員94名、オブザーバー2名 合計96名
プログラム

1.講 演 「自動運転車・開発の現状と将来展望」
   講師 :(株)本田技術研究所 四輪R&Dセンター
        上席研究員 杉本 洋一  氏

2.見 学 第44回東京モーターショー (東京ビッグサイト)



実施結果

1.講演「自動運転車・開発の現状と将来展望」

(1)自動運転への期待

 1. 交通事故の軽減、渋滞の解消、CO2削減等これらの経済的損失をなくす。
 2. 高齢者や初心者の運転補助。運転時間を他のことに費やしたいなど。

(2)開発の歴史

 1. 1990年代に盛り上がり、磁気ネイルでの走行実験などが実施された。
 2. 2004年に米国でグランドチャレンジ(砂漠走行)、アーバンチャレンジ(市街地走行)などが実施され一気に機運が高まった。

(3)ホンダの現状

 1. 車線検知システム、歩行者事故軽減ステアリングシステム、路外逸脱抑制支援、標識認識機能などを開発。
 2. 宇都宮市街地での実験や首都高豊洲インターと葛西インターでの実験を実施。

(4)自動運転実現に向けた法的、社会的な取り組み

 1. 自工会で「自動運転検討会」を立ち上げ、内閣府、法務省などと検討。
 2. 国連の「WP29」で法規の世界統一基準の作成を検討。
 3. 道路交通ジュネーブ条約、ウイーン条約では運転者が常に運転席にいなければならず、自動運転のためには国際条約改定が必要。

 先生方からは、「悪天候、悪路での自動運転は可能か?」「中古車へ後付けでシステム導入可能か?」などの質問があった。


2.見 学 第44回東京モーターショー 見学

午後からは、自動運転のコンセプトで作られた自動車やその他最新の技術を搭載した車の見学を行った。

 |戻る