Activities

令和元年度 第3回 JAEF研修会 開催実績


 

項  目
内      容
研修内容
第3回JAEF研修会
日  時

令和元年8月20日(火) 13:15~16:45

場  所

日本自動車会館 くるまプラザ会議室(東京都港区)

参加者

教員26名、オブザーバー4名、事務局3名、合計33名

内 容

1.講演:「バイクシェアリングなど新たな都市交通の可能性と課題」
  講師:公益社団法人 日本交通計画協会
          交通計画研究所 企画室  室長  三浦 清洋 氏

2.講演:「自転車時代到来と交通安全対策」
  講師:特定非営利活動法人 自転車活用推進研究会
     理事長   小林 成基 氏

実施結果

1.講演 「バイクシェアリングなど新たな都市交通の可能性と課題」

 高齢化や人口減少に伴い公共交通が衰退していく中、コンパクトシティ+ネットワークの構築が重要となるとの見方を示された。新たな「移動の創出」としてシェアサイクルなどを例に挙げ、豊富なデータ分析、海外の状況を含め分かりやすく詳細に解説いただいた。

 参加された先生方からは、「都市交通システムの概要を分かりやすく解説いただいて大変勉強になった」、「コンパクトシティの実現やシェアサイクルの将来性をみることができた」、「データ分析が良かった」、「自転車に留まらず多角的でよかった」などの声が寄せられた。

2.講演 「自転車時代到来と交通安全対策」

 自転車時代到来における国内各自治体での好取り組み事例だけに留まらず、趣旨にそぐわない或いは効果に疑問符が付くような交通インフラ施策の実態が紹介された。海外の思考・現状も併せ、豊富な画像や映像を用いながら、分かりやすく、楽しく解説いただいた。

 参加された先生方からは、「豊富な事例で分かり易く面白かった」、「海外の自転車の素晴らしさ(インフラ、乗り方)がわかった」、「自転車のルールは教えるのでなく、楽しく学ぶことを理解した」、「海外との比較が実によく伝わった」などの感想をいただいた。一方で「小林氏の講演は、半日欲しい」との要望もあった。

 


前のページに戻る