Activities

Traffi-Cationトップページ > Traffi-Cation 2019 秋号(No.52)

【特集】高齢者の“自ら移動する自由”確保のために

高齢者の移動手段としての一人乗り電動カート

現状における電動の車いす

 電動車いすの出荷台数は年間およそ2〜3万台程度で(図3)、2000年をピークに伸び悩んでいます。電動車いすの抱える課題は、モビリティとしての機能が十分ではなく、免許返納者の受け皿とはなり得ていないところにあるのではないでしょうか。

図3 電動車いすの出荷台数推移

出典:電動車いす安全普及協会 

 電動車いすやシニアカーは、もちろん免許不要ですが、道路交通法上、歩行者扱いになり歩道しか走れず、最高速度は6km/hを超えないこととされています。また、日本の歩道は段差や傾斜など走りづらいといった道路構造上の問題があります。

 まずこのように、車道を走ることができずスピードが出せないことで“自由な移動”が満たせないという点が最大の課題ではないでしょうか。

 さらには車いすやシニアカーに対する周囲の理解不足、本人自身の「年寄りだと思われたくない」といった気持ちも、活用を阻害していると考えられます。

 こうした、法や道路構造、精神的な課題も含めた解決をめざして、新たなモビリティの開発を進めている会社があります。

新たなモビリティの開発

時にはロボット、時にはモビリティ、時には車いす

 株式会社テムザック(本社・福岡県宗像市)は、サービスロボットの開発・製造・販売を手がけている会社です。

 さまざまなロボットを開発する中で、高齢者や障害のある人たちの移動能力を補助するために、ロボット技術を活用した研究も行っています。

 同社で現在製品化されているのは、斬新なアイディアと技術が込められた「ロデム(RODEM)」という製品です。

  このロデムについて、テムザック代表の髙本陽一さんに、京都にある同社の中央研究所でお話を伺いました。

 ロデムは当初、病院や介護現場での活用を検討していましたが、幅広いユーザーにも利用できるように開発されました。その目標として「乗って楽しく、街へ出たくなり、健康な人も乗りたくなる乗り物」ということをあげていたそうです。このため以下のような特長を持っています。

  • ベッドから降りる方向のままで移乗できる「後ろから乗り」と呼ばれる乗り方(写真②)。
  • 移乗の際は乗りやすいように座面を低くし、走行中は座面の後部を高くして歩行者と同じ目線の高さになるようにする(写真③)。
  • 前輪についている小さな車輪が横回転してその場で旋回し、狭い場所でも旋回できるため、エレベーターなど狭い空間でも反転が可能(写真④オムニホイール)。
写真② 身体の向きを変えることなく、ベッドやいすから移乗できる
写真②提供:株式会社テムザック
写真③ 歩行者と同じ視線の高さになり、精神的負担が軽減される

写真④ 小さな車輪が回転し、その場での旋回が可能

 また、従来の電動車いすの対象層とは異なる層の新たなニーズをとらえ、市場の拡大を考えて次の機能も備えています。

  • 操縦は前部にあるジョイスティックで行い、スマートフォンなどからの遠隔操作もできます。
  • 技術的には「自律走行(自動運転)」も可能なレベルに達しており、障害物を検知して自動で停止、さらに信号機のある場所では赤信号を認識して停止することができます。

 このような機能を備えたロデムは、免許を返納した高齢者や観光客などの新しい街乗りのモビリティとしての可能性が見えてきます。
 こうしたことを踏まえ、テムザックでは「レンタル事業ビジネスに向けた需要の検証」を狙いとして、国内の2か所で公道走行の実証実験を行いました。

新たなモビリティとしてのサービス実用化に向けた実験

 日本国内における最初の実証実験は2018年7月、観光地京都・嵐山で観光客に対して、無料で貸し出される形で行われました(写真⑤)。
 修学旅行生や外国人観光客にも貸し出され、土地勘がない人のために推奨観光スポット、経路案内、多言語翻訳ができるタブレット端末を搭載しました。

 続いて、2019 年3 月、東京・丸の内エリアで、動画や音声対話による丸の内の名建築や歴史紹介といった観光情報にアクセスしながら回遊してもらう実験を実施しました。
 看板の掲示が制限されるなど景観配慮がなされている場所ではAR(拡張現実)技術によってレストランなどの探索ができるサービスも合わせて提供されました(写真⑥)。

写真⑤ 京都・嵐山(2018年7月)。
写真⑥ 東京・丸の内(2019年3月)
写真⑤⑥提供:株式会社テムザック

 それぞれの実験で、街乗りの市場性を検討するため、試乗された人に対して行ったアンケートの結果は次のようなものでした。

  • ちょい乗りの利用希望者が多い:60〜70%の人が1〜2時間程度の利用を希望
  • 求められるコンテンツ:ARでの周辺スポット案内やルート案内
  • 求められる機能:乗り捨て、自動走行、荷物運搬機能
  • デザイン:丸くてかわいい、カラーリングがかわいい 等

 この結果を踏まえ、今後は操作性や乗り心地、車輪の改良等を行いつつ、途中で乗り捨てても自動運転で充電スポットまで戻る「オートリターン(自動運転)」の実現もめざしています。

 ただ、髙本代表は現状で越えられない壁があるとおっしゃっています。法律で定められている速度の問題です。
 日本における電動車いすの6km/hという制限は、歩道のみ走行可ということを前提としており、活動範囲に限界を設けることになっています。
 誰でも簡単に運転できる小型のモビリティを、新たな街中での移動手段として普及させるためには、こうした規制の見直しが必要となってきます。

 現状においては、これまでにない新しいものや技術に対して、法整備が追いついていないのです。

 テムザックでは、いま京都市とともに国家戦略特区「パーソナルモビリティ特区」を申請しています。その内容は次の通りです。
●歩道も車道も走行できるモビリティの領域新設を
●制限速度を変えて歩道も車道も走行可とする(車道走行の際はEU基準に合わせて15km/hに)
●保安基準は簡素に、コンパクトな車体設計を

 

 

ページ


NO.52号その他のコンテンツ
【交通安全Topics】
要注意! 電動アシスト自転車の乗り方
自転車の販売台数のうち、その4割以上は電動アシスト自転車であり、交通事故件数も増加傾向にある。電動アシスト自転車に乗ったことのある人が経験した危ないこととは何か。乗り方の注意点を探る。

【海外交通事情報告 第52回】
イギリスのドライバー向け安全運転教育
〜受講しやすい環境設定、コース修了者には保険料割引も〜
日本と同様に、高齢者の事故・死傷者数減少が課題となっているイギリス。自転車やクルマの乗り方指導などの交通安全教育を行っている機関「iAM RoadSmart」への取材から、その教育内容やシステムを解説する。

【人、クルマ、そして夢。 第21回】
交通コメンテーター 西村直人

世界的な普及が始まる電気自動車の姿
世界的に進んでいる電気自動車の普及。未だ課題はあるなかで自動車メーカーはそれぞれの方向性を打ち出して普及を図っている。2020年に発売される日欧2社の例から、この先の電気自動車の世界を見通す。