Activities


事前のご登録で、本誌制作完了後速やかにご覧になれます。

メルマガ登録

 身近な話題や世界の交通事情など、ワイドな視野から交通社会全体のあり方を考える情報誌「Traffi-Cation(トラフィケーション)」を全国の高等学校の先生方を始め皆さまに、当財団のWEBサイトにて情報提供しています。
 本誌では、国内外の交通事情調査をもとに「特集記事」、「海外交通事情報告」としてクルマや交通に関する先進的な取り組み等を紹介しています。
 

Traffi-Cation 2019 夏号(No.51)

【特集】
“ドローン配送”はドライバー不足解消の切り札となるか
日本の物流業界が陥っている深刻なドライバー不足。ひとつの解決策として高まるドローンへの「期待」、そして配送飛行実験から見えてきた「課題」。ドライバー不足への対応策としての有効性はどうか。

【交通安全Topics】
イヤホンをつけて“ながら運転”の自転車 
人をはねていなくても「ひき逃げ」で書類送検
被害者と直接の接触がないのに「ひき逃げ」で書類送検された自転車の男性。なぜ罪に問われたのか。事故の状況と悪質性。自転車通学生なら知っておくべき事故を誘発した際に取るべき行動。

【海外交通事情報告 第51回】
普及率世界一 ノルウェーの電気自動車導入促進策
電気自動車保有率世界ナンバー1の国ノルウェー。いち早く着手してきた環境対策と、「購入」「所有」「使用」の各場面における手厚いインセンティブ、利用しやすい環境整備等について「ノルウェー電気自動車協会」を取材。

【人、クルマ、そして夢。 第20回】
交通コメンテーター 西村直人

先進安全技術の普及は3つの柱
2019年5月に発売された国産初の連接バス。国産車ならではの先進安全技術を実装。注目は、プラットフォーム(乗降場所)の目標位置にピタリと停車させる「プラットフォーム正着制御」。

お問い合わせ先

公益財団法人 日本自動車教育振興財団
「Traffi-Cation」編集室 TEL. 03 - 5733 - 3841

「別冊Traffi-Cation」も提供

「Traffi-Cation」に連載している国内交通事例の特集や海外交通事情の記事を別冊化してご提供しています。 こちらも無料でご提供していますのでお気軽にお申し込み下さい。

詳しくはこちらで紹介しています。